プロフィール

堤 周徳(むかし理事長)

Author:堤 周徳(むかし理事長)
お世話になりました。


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然だけどお城の石垣てすごいよな
どないして積んだんやといつも思うけど

もういっちょ不思議でめちゃくちゃかっこいいのが
↓↓↓
ootubo3.jpg

石橋ってゆうの?
あたしゃ土建屋だがこんなん造れ言われたら無理である
(もしか依頼があったらそりゃあ気合で何とかするけどね)
技術っちゅうかこりゃ芸術やね いや~やっぱ昔人間はすげえ

KY大工学部の西専に尋ねても 曲げモーメントがどうやせん断力がどうやひずみ角がどうやと
への役にも立たん物理の講釈をたれられ また腹立つだけやろなぁ

スポンサーサイト

コメント

実は私、橋好きです。
近所には
桁式が多くまれにアーチ橋やトラス橋がありますね。
斜張橋やつり橋を見ると妙に感動します。

一度、木製の山梨県の猿橋を見に行きたいです。

No title

橋・・・

虚ろな記憶ですが、タコマ橋の崩壊シーンはいつ見ても・・・
当時風速60m/sに耐えうる設計とされていたが、わずか風速19m/sで共振運動により崩壊
ちなみ、明石海峡大橋は模型実験により風速90m/sでも共振運動は発生しないらしい
国家プロジェクトだけにその模型実験に○十億円かけるし、本四連絡橋は3本もできてしまう
そもそも支間長1990m、当時世界一なんだけど、なぜか大台の2000mにのせない

いや橋は面白いですね、橋を架けるとはよく言ったものです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hikonejc55.blog69.fc2.com/tb.php/179-0cd8eda4


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。