プロフィール

堤 周徳(むかし理事長)

Author:堤 周徳(むかし理事長)
お世話になりました。


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

本日は朝から3LOM合同食事会
この京都会議時に毎年開催されます 今年は水戸JCさんが設営して下さいました
この高松 水戸 彦根は姉妹都市 親善都市として交流を図っており 昨年の四百年祭中も三市物産展等にご協力いただき多数の両市民の方が来彦されました また少年野球の交流試合もあり 私も彦根代表として参加させてもらったことがございます
この三市の関係ですが江戸時代まで遡ると
もともと高松と水戸は徳川光圀(水戸黄門さま)の兄が高松松平家の始祖であることから縁深い間がらでございました がっ しかし水戸藩と彦根藩は将軍の跡継ぎ問題で対立するようになりました そんな折直弼公の次女弥千代姫が高松藩に嫁ぎ縁組みが成立し それはまた水戸藩を刺激し将軍問題を巡っての衝突は激しさを増します
 そして大老直弼が反対派を処罰する強行にでたいわゆる安政の大獄と反発した水戸脱藩士による桜田門外の変が引き起こされ 高松 彦根 水戸藩の間には大きな遺恨が残る結果となったしまったわけです       しかし時は経ち明治維新から百年を契機に歴史上のわだかまりを取り払うべく先ずは昭和41年高松市 彦根市で姉妹城都市締結
その二年後 敦賀市の仲介により水戸市 彦根市が親善都市として更に六年後 彦根の仲介により水戸市高松市が親善都市となり現在の友好関係が築かれたようでございます
そして我々も各地域で活動する青年会議所同士年一回ではありますが交流を深めお互いの活動に刺激とエールを送り合ってきたのであります本年も有意義な時間となりました

そろそろ みんなこっちに向かう頃かな私は日本の通常総会地区の会員会議所会議が終わり次第Lナイ会場に向かいますでは後ほど
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hikonejc55.blog69.fc2.com/tb.php/23-987fe434


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。