プロフィール

堤 周徳(むかし理事長)

Author:堤 周徳(むかし理事長)
お世話になりました。


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオミミクリー
・・・なんじゃそりゃ!?
どうも生物の形態や自然界の仕組みをヒントに新たな発明を試みることらしく
現在急速に成長している分野らしい
例えば 夜音をたてず飛び回るふくろうの羽の仕組みを新幹線に取り入れ騒音を減らしたり、先端は、ほとんど水しぶきをあげることなく空中から水中の獲物を捕るカワセミのくちばしに似せることによって、トンネル出口でのあのドーンという衝撃を減らしたり
刺されてることに気付かない蚊の針を真似て、痛くない注射針を作ったり
自動車は流線型が主流だが、高速移動するハコフグの形をまねたら抵抗が65パー減ったり
ありの巣ってかなり頑丈で(ダイナマイトを使っても壊れんらしい ほんまかい)気温湿度が一定に保たれているらしい、その構造を研究し冷暖房設備に頼らないですむ建築物を建てたり
まだまだある おもしれー
こうもり→レーダー波
たまむし→赤外線センサー
ヤモリ→マイクロファイバー
そして カタツムリの自浄作用を利用したり
あわびの吸着力は超強力接着剤並だとか
くもの糸は鉄より頑丈らしいがどうやって作りだすのか
1日数トンの水を汲み上げる植物のメカニズムとか
それらを解明することによって省エネルギー化への活用をはじめ
廃棄物を貯める一方の人間界と違い、一切無駄の無い自然界の生態系や化学的なプロセスをヒントに環境問題解決の糸口にとこの分野への期待は高まっているらしいです
逆に言ったら自然界のサイクルの一旦となる生産システムや商品こそが本当のエコっちゅうことか 人間社会範囲内のリサイクルなんて足元にも及ばんゆうことかい?ましてや偽エコなんて・・・
ミツバチ達の超機能的な組織システムも俺達参考にできるかもよ?もうちょい調べてみるか
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hikonejc55.blog69.fc2.com/tb.php/40-8df10f2c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。